私はとにかく早起きが苦手です。

早起きでその日を有意義に使い、充実した一日にしましょう

心にも行動にも余裕が生まれる早起き

早起きでその日を有意義に使い、充実した一日にしましょう 私はとにかく早起きが苦手です。朝はぎりぎりまでふとんから出ることができず、いつもバタバタで家から飛び出し駅まで猛ダッシュで出勤しています。ですから会社につく頃は季節にかかわらず大汗をかき、会社でも「いつでも走っている人」というイメージが定着してしまいました。昔から早起きは三文の徳といわれますが、そのことわざの通り早く起きればその分行動にも心にも余裕が生まれます。実際電車1本早く乗っただけで一日のスタートがまったく違ってくるから不思議です。そして、その余裕が自分にとって心地よいと感じることができれば早起きを習慣づけることができるのでしょうが、これがなかなか定着しません。

思えば若い頃から早起きができず、いつでも時間に追われていたように思います。学生時代は遅刻ぎりぎり、ちょっとタイミングをずらすと間違いなく遅刻していました。さすがに社会人になってからは遅刻はしないよう心がけていますが、時間に余裕は持てるかどうかは若い頃からの生活習慣にかかわっているような気がします。早起きができる人は、仕事にしても家事にしても時間配分がしっかりできる人だと思います。自分のペースを見極めて動ける人です。50歳を目前にして、だんだん体も動きが鈍くなっており、このままのペースだといつ遅刻しても間違いない状況です。今更ですが、まずは早起きから実践していきたいと考えています。

お役立ちサイト